「月刊 生保営業支援塾」vol.68(2021年1月号)航空機リースで節税したい(した)お客様に必ず伝えたい! 航空機リース節税のメリット・リスク・現状 ~お客様を守るために、生保営業パーソンが伝えておくべきこと~

航空機リースにおいて現在起きている生の話をお伝えします。

まずはダイジェスト動画をご覧ください(画面をクリックすると再生します)。

具体的なセミナーの内容

  • 航空機リース金融商品による節税という誤解
  •  
  • 会社が気づいていない「事業上のリスク」と「組成上のリスク」とは?
  •  
  • 既に航空機リースをやっている場合にチェックすべき6項目
  •  
  • 今、節税商品を選ぶ場合の基準
  •  
  • 最近の投資家の動向持つべき考え方

講師プロフィール

酒井菜穂子 氏

酒井 菜穂子 (さかい なおこ)

株式会社HACHI 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、航空機専門商社・リース会社、トラックをアセットとしたファンド組成・運用会社を経て、2017年株式会社HACHIを設立し「お客様が真に求める商品」を追求すべく、自ら税務対策商品の組成を行う。お客様のニーズに従い複数アセットのリース組成、提案ができる異色の存在。最近では「リース事業」における事業リスクと税務リスクの周知を目的とし、金融機関や会計事務所を中心に勉強会も行っている。

アンケート結果

セミナーにご参加頂いた方のアンケート(5段階評価)の集計結果です。

セミナーの評価

お客様の声

商品を組成されてきた立場からのセミナー大変参考になりました。
ソニー生命保険株式会社 阿久津政孝 様

バレンタインショック以降(保険での節税が困難になった)オペレーティングリース、航空機リースへの顧客の関心が高まっている中、商品を組成されてきた立場からのセミナー大変参考になりました。航空機リースに出資を検討されている方からの相談にも、商品について特徴やリスクについて理解していないと適切なアドバイスが困難となりますが、2つの大きなリスクについて解説をいただき、その点については表面的ではあるが理解できたと思います。

航空機と船舶しか聞いたことがなかったので、後発の商品がたくさんあることに驚きました。
株式会社ビルド・バリュー 髙橋こずえ 様

はじめてオペレーティングリースのお話を聞かせていただきました。まず、仕組みについて知らなかったので、学ぶことができて本当に良かったです。そして種類についてですが、航空機と船舶しか聞いたことがなかったので、後発の商品がたくさんあることにおどろきました。コロナ禍でも、即時償却できて、1コ10万以下という対策があるということが分かって、さらに良かったです、あと業者や商品によっては危険だということも教えていただいてよかったです。ありがとうございました。また1つ知識の引き出しが増えました。

ずっと気になっていたリース節税について、全体的なお話が聞く事ができて良かったです。
ソニー生命保険株式会社 佐々木龍 様

ずっと気になっていたリース節税について、全体的なお話が聞く事ができて良かったです。わからなかった言葉を調べて、お客様にお伝えしたいと思いました。最終的には、誰がやっているか、どんな会社がやっているかの人につきると感じました。

商品内容によってリスクのあるもの、また安全なものと様々ある事が分かった。
メットライフ生命保険株式会社 都筑満成 様

保険で税の繰り延べが難しくなったことで、私のクライアント様にも足場リース等を取り入れる経営者が増えてきたので、正しい情報を知っておきたいと思い参加しました。参加前は単なる節税商品というイメージでしたが、商品内容によってリスクのあるもの、また安全なものと様々ある事が分かり、内容をきちんと理解することが大切であると思いました。もしクライアント様から相談あったら、酒井さんにご相談したいと思います。ありがとうございました。

お客様がこれから抱える可能性があるリスクについて、
リースの仕組みからどの様なことが起こるのか図解で説明され、とても良く理解できた。
株式会社BPI 増田英世 様

航空機リースをしたお客様が現在、またこれから抱える可能性があるリスクについて、リースの仕組みからどの様なことが起こりうるのか図解で説明されてとても良く理解できました。リスクがあるから全てダメということではなく、何故ダメなのか、理由を明確にお話しできる様、いろいろ勉強しないといけないなと思いました。タックスコントロールが必要なお客様には、適切な情報、商品をご案内できる専門家にお繋ぎすることもお客様をお護りするためにとても重要なことだと思いました。ありがとうございました。

今回の様なセミナーは実に貴重な時間でした。
アクサ生命保険株式会社 金井都 様

以前から、リースという話題を耳にする様になり、具体的な詳しいお話しをしていただける機会も人もいなく、漠然とした噂話しの様な内容しか聞けていませんでした。一度、どの様な仕組みで、どの様な活用がされているのかを知りたいと思っていましたので、今回の様なセミナーは実に貴重な時間でした。とても分かりやすくお話しいただいたので、よく理解ができました。今はまだ私のお客様にはリースのお話しは出てはいませんが、今後更にお客様との話しの幅が広がっていけると思いました。ご相談がありましたらぜひ酒井先生にお話しを伺いたいと思いました。ありがとうございました。

節税目的でやるのではなく、事業投資であると認識するべきだというお話は勉強になった。
ビッグベル 谷川昭二 様

全損保険の出口対策として、航空機リースや船舶リースは聞いたことがあったが、足場やトラック等も組成できるというのは初耳だった。しかし単に節税目的でやるのではなく、事業投資であると認識するべきだというお話は勉強になった。投資家、貸借人、アセットの全体最適を目指すオペレーティングリースの情報提供をしていきたいと思う。

節税商品は航空機リースのみだと考えていたが、足場リースやトラックリースなどがあることを初めて知った。
ジブラルタ生命保険株式会社 横山裕二 様

節税保険が売れなくなったので、節税商品は航空機リースのみだと考えていたが、その他にも足場リースやトラックリースなどがあることを初めて知ることができてよかった。リースを使用しての節税は法定耐用年数の長さやリースした商品が再販できるかなどのチェックポイントがいくつかあって、それを理解していないと失敗するのだということがわかりました。

事業上のリスクと、組成上のリスクにおいて、各々詳細を理解できたことが非常に良かったと思います。
ソニー生命保険株式会社 内藤一朗 様

毎回貴重な情報をありがとうございます。オペレーティングリースについて、ある程度の特徴は理解しておりましたが、事業上のリスクと、組成上のリスクにおいて、各々詳細を理解できたことは非常に良かったと思います。今後、オペレをクライアント様にご案内する際、商品を選定する基準(要素)をしっかり理解できたことと、酒井社長の会社の商材にも興味をもちました。本日はありがとうございます。

本日のような趣の内容は初めて聞いたので、対クライアントにすぐに使えると思いました。
匿名希望 様

とてもおもしろかったです。久しぶりに聞くリースレクチャーでした。ちょうど業界的にどうなっているのかと考えていたところでしたので、大変勉強になりました。組成についてや、裏話、基本的なテーマは興味深くお聞きしました。仕組みなどのセミナーは何度も聞きましたが、本日のような趣の内容は初めてで、対クライアントにすぐに使えると思いました。クライアントの立場に立った内容、又、酒井先生の思いがよく伝わりました。

コロナ禍で起きているリアルな問題点がとても勉強になりました。
株式会社ビルド・バリュー 鈴木由紀子 様

とても本音が溢れる話で聞けて良かったです。コロナ禍で起きているリアルな問題点がとても勉強になりました。今までは物の消失など使えなくなるリスクが手当されていれば良いと思っていましたが、再販できない、そもそも需要が極端に落ちこむリスクの顕在化は怖いなと改めて感じました。「迷うなら税金払うべし」は名言だと思います(笑)お客様ととことん付き合い、win-winの関係を築き上げていらっしゃる面は、営業職の私にとっても大変有難く、重たい事だと感じました。

オペの種類、現状、リスクも良く理解できた。商品の選び方も具体的であった。
株式会社アセット・イノベーション 清原稔之 様

税金のコントロールで、今後もオペレーティングリースを必要とするお客様が必ず居るのだと思った。しかし、事業投資であるので、事業リスクもあるのだと良く理解できた。オペの種類、現状、リスクも良く理解できた。組成上のリスクは、具体的なお話しで、実際の事例も示していただき分かりやすかった。商品の選び方も具体的であった。やはり、今後は全損商品の受け皿として、お客様ニーズも増えると思うので、適切なアドバイスに役立つと思います。

商品の詳細

「月刊 生保営業支援塾」vol.67(2020年12月号)

価格:33,000円(税・送料込)、会員価格:20,000円(税別・送料込)

商品はご注文を頂いてから、弊社3営業日以内の発送を原則と致しますが、受注生産のため、在庫が無い場合はご注文日を除いて、弊社5営業日以内に発送致します。

Copyright 2021. Japan Central Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.