「月刊 生保営業支援塾」vol.66(2020年11月号)「アフターコロナにおける生命保険の保全ノウハウ」

今の時代だからこそ「生保営業パーソンに伝えたいこと」があります。

まずはダイジェスト動画をご覧ください(画面をクリックすると再生します)。

具体的なDVDの内容(一部)

  • 解約返戻金(逓増定期保険)に多額解約返戻金があっても契約者貸付金NGのケースとは?
  • 期間短縮変換」という流れの場合、意外なことが可能になる。
  • 変換期間短縮」をすればこんなメリットがある
  • 変換して、解約返戻金で保険料を払い、そして延長定期
  • 長期平準定期保険に優良体ではなく標準体で入る意味
  • 長期間の闘病も考えた必要保障額とは?

講師プロフィール

松木祐司

松木 祐司 (まつき ゆうじ)

CFP、1級FP技能士

「保険料の安さの比較はFPの重要な役割にあらず。それは比較サイトに任せればよい」という独自の理論と分析で、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用方法の提案に取り組む。主に、ドクターのライフプラン実現のためのコンサルティングや、医院経営雑誌への寄稿や各種セミナーを通じた情報提供に取り組む。最近の寄稿として、「日本歯科新聞 アポロニア21『GLTD』」、「よい保険・悪い保険2016『賢者のインタビュー』」、「最新保険ランキング2016『AIG富士生命インタビュー』」、「企業実務 8月号『中小企業向け総合保険活用のポイント』」、「日経おとなのOFF 8月16日号『金持ち老後』」、「週刊東洋経済 7月11日号『トクするソンする保険』」、「日本歯科新聞 アポロニア21 7月号『経営者の退職金』」などがある。また、著書に「生命保険のありえない裏ワザ」(宝島社信書)、「FPスキルアップシリーズ ドクターマーケット開拓編」(セールス手帖社保険FPS研究所)がある。

アンケート結果

当日、セミナーにご参加頂いた方のアンケート(5段階評価)の集計結果です。

セミナーの評価

お客様の声

万が一の際に保険を使いどんな事が出来るのかについて大変ありがたい気づきを頂けるセミナーでした。
メットライフ生命保険株式会社 伊藤大介 様

保険にお客様が加入する目的は万が一の際の為であるが、その時に無条件で保険を使いどんな事が出来るのかについて大変ありがたい気づきを頂けるセミナーでした。各社の保険の規定を良く理解し、保全におけるコンサルが出来る様になる事が必要と感じさせて頂きました。

店舗休業保険、感染症で出る保険会社と出ない保険会社があるという情報は有益であった。
株式会社アセットイノベーション 清原稔之 様

店舗休業保険、感染症で出る保険会社と出ない保険会社があるとゆう情報は有益であった。自分が扱う商品を良く理解して、お客様に勧めることが重要であると改めて思った。コロナ禍において、契約者貸付がクローズアップされているが、その他のもっと有効な方法をたくさん学ぶことができた。コロナだけではなく、環境が激変するケースが多い事も学べた。

新型コロナ対策向け損害保険の活用方法から富裕層向け提案の仕方まで、幅広く講義してくれた。
東京FP相談 瓜生昇 様

新型コロナ対策向け損害保険の活用方法~富裕層向け提案の仕方まで、今回も幅広く講義してくれます。松木講師のセミナーは、得るものが大きいので大ファンです。今回も、一般論等の抽象的な話ではなく、具体的に各保険会社の商品毎に変換、延長、短縮など、リサーチに基づいて表を作成してくれています。同じ代理店で席を並べているので各保険会社に確認しているのを知っています!最新の情報なので、とても使える資料になっています。また、普段思いつかない保全方法も伝授してくれますので、一見の価値ありです!

期間短縮、変換、延長定期など、お客様を護る為のノウハウを、様々な視点と角度から解説して頂けた。
ジブラルタ生命保険株式会社 伊藤澄百子 様

「雨降って傘を取り上げる」は生命保険でも起こりうる?というタイトル通り、本当に保障が必要な時こそ、保険料が払えなくなるという事を認識して提案しているか?約款や、いざという時の使い方だけではなく、期間短縮、変換、延長定期など、お客様を護る為のノウハウを、様々な視点と角度から解説していただき、多くの気づきがありました。松木先生ありがとうございました。

改めて保全の大切さを認識できました。
ソニー生命保険株式会社 嶋田憲三 様

改めて保全の大切さを認識できました。コロナで「いつ何が起きるかわからない」ということを感じているのに、お客様へもっと適切なアドバイスができていない自分に気付きました。長期平準の期間短縮や延長や変換、又はそれらを組み合わせてのご案内も改めて必要だと認識しました。必要保障額の考え方が、私も松木さんと同じ考え方しているのが驚きでした。

いろいろな状況に応じて何が最善な方法か、シミュレーションや規定等確認して実行していきたい。
株式会社BPI 増田英世 様

収入保障保険の設計や、各社の変換の取扱い、変換した後の保険種類ごとのその他の機能まで考えたご提案を、掛け金の高い安いだけでご案内していると、お客様が本当にお困りの時に保障を取り上げてしまうことのない様、真剣に考えないといけないなと改めて思いました。とても勉強になりました。ありがとうございました。いろいろな状況に応じて何が最善な方法か、シミュレーションや規定等確認して実行していきたいと思います。

今のコロナ禍において、どんな事に注意しなければいけないか、大変参考になりました。
プルデンシャル生命保険株式会社 中山雅博 様

本日も大変勉強になりました。損害の大きさと損害の発生頻度のお話は常に立ち戻って考えなければと思いました。また、今のコロナ禍において、どんな事に注意しなければいけないか、大変参考になりました。各社の契約者貸付、自動振替貸付の話、ガン保険の給付後のお話など、今後の活動に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

単なる商品比較ではなく、保険本来の機能を説明し、理解してもらうことが重要であると実感した。
株式会社ソニックジャパン 市川康之 様

アフターコロナの教訓から、今まで自分が勧めてきた保険についてもっとしっかり理解する為に勉強をすべきだと感じました。保険の機能等を熟知した上でお客様が将来抱えるであろうリスクに備え、単なる商品比較ではなく、保険本来の機能を説明し、理解してもらうことが重要であると実感しました。

必要保障額の考え方、なるほどと思います。
住友生命保険相互会社 今西紀子 様

保険の深い部分まで聞けてとても良かったです。勧める商品が、お客様にとってどこまで役に立てるのかを改めて考えさせられました。実際にあつかわない商品のお話でしたが、ご加入している方がいらっしゃるので、アドバイスなどできたら良いと思います。必要保障額の考え方、なるほどと思います。

変換と期間短縮の使い方が分かっていない募集人では、お客様のもしもの時を想定したリスクマネジメントができないと思いました。
株式会社ビルド・バリュー 髙橋こずえ 様

松木先生のセミナーに何回か参加していますが、今回のセミナーが一番腹に落ちた感じがしました。変換と期間短縮の使い方が分かっている募集人と、分かっていない募集人では、本当のお客様のなりたくないけどなってしまった時を想定したリスクマネジメントにはならないと思いました。今回のように、まったく想定外のコロナの流行で、医療関係でも売り上げが2000万位は落ちたと聞きました。おまもりする保障をご提案するのが、私の使命であると痛感しました。本日はどうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

保険は入り直しの効かない、非常に責任の重い金融商品である事をもう一度認識すべきだと思いました。
プルデンシャル生命保険株式会社 日野悟 様

自社商品についての知識不足をとても痛感しています・・・。今日、松木先生に提案された事は、自社でも可能なのか?すべて即答出来ませんでした。保険は入り直しの効かない、非常に責任の重い金融商品である事をもう一度認識すべきだと思いました。必要Sについて、たしかに安易に決めていたと思います。ポックリ逝くのではない死に方を十分にニード喚起する必要を感じました。

松木さんのお話には、必ず発見があります。
株式会社ビルド・バリュー 鈴木由紀子 様

エヌエヌ生命の落とし穴は知りませんでした。保険会社の「できる」という言葉は多少、疑っている所もあるのですが、特に契貸は割合と金利だけ確認して済ませていました。オーバーローン以外でそれは無いわぁ・・・とつくづく思いました。松木さんのお話は、それなりに商品に詳しいつもりの私でも、必ず発見があります。とても有難いです。今後も頼りにしていますので、お体ご自愛下さいませ。

商品の詳細

「月刊 生保営業支援塾」vol.66

価格:33,000円(税込)、会員価格:22,000円(税込)

商品はご注文を頂いてから、弊社3営業日以内の発送を原則と致しますが、受注生産のため、在庫が無い場合はご注文日を除いて、弊社5営業日以内に発送致します。

Copyright 2020-21. Japan Central Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.