「月刊 生保営業支援塾」vol.56(2020年1月号)「生命保険の出口戦略(令和2年バージョン)~全損定期の出口戦略も徹底解説~」

生命保険の「本当の活用法」を解説します。

まずはダイジェスト動画をご覧ください(画面をクリックすると再生します)。

具体的なDVDの内容(一部)

  • 被保険者が余命宣告。収入保障保険を変換して保障額が減らないようにしてはいけないケースとは?
  • 生命保険を解約した後重大な病気が見つかった。その時に告知なし解約前の保障額をキープできるケースとは?
  • 役員退職金の準備あえて生命保険でしない意味
  • 利益が上がっている短期間全従業員の退職金を積み立てる生命保険とは?
  • 保障額よりも多いお金を受け取る生命保険の活用法
  • 過大役員退職金を回避する生命保険の形式とは?

講師プロフィール

松木祐司

松木 祐司 (まつき ゆうじ)

CFP、1級FP技能士

「保険料の安さの比較はFPの重要な役割にあらず。それは比較サイトに任せればよい」という独自の理論と分析で、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用方法の提案に取り組む。主に、ドクターのライフプラン実現のためのコンサルティングや、医院経営雑誌への寄稿や各種セミナーを通じた情報提供に取り組む。最近の寄稿として、「日本歯科新聞 アポロニア21『GLTD』」、「よい保険・悪い保険2016『賢者のインタビュー』」、「最新保険ランキング2016『AIG富士生命インタビュー』」、「企業実務 8月号『中小企業向け総合保険活用のポイント』」、「日経おとなのOFF 8月16日号『金持ち老後』」、「週刊東洋経済 7月11日号『トクするソンする保険』」、「日本歯科新聞 アポロニア21 7月号『経営者の退職金』」などがある。また、著書に「生命保険のありえない裏ワザ」(宝島社信書)、「FPスキルアップシリーズ ドクターマーケット開拓編」(セールス手帖社保険FPS研究所)がある。

アンケート結果

当日、セミナーにご参加頂いた方のアンケート(5段階評価)の集計結果です。

セミナーの評価

お客様の声

こんなに貴重で、他で聞けない情報を得られて、本当に感謝いたします。
株式会社ビルド・バリュー 山田雅彦 様

こんなに貴重で、他で聞けない情報を得られて、本当に感謝いたします。「●●ではなく、●●●●して●●●●●を受け取った方がトク・・・。」なんていうアイデアを誰が思いつくんでしょうか?本当に限られた募集人しか思い浮かばないような貴重な情報を提供いただき、ずっとこの塾に参加してきて良かったなとしみじみ思います。今日得たものを復習し、自分の武器として大いに飛躍していきたいと思います。

生命保険の出口戦略として、具体的にご説明頂き、とてもわかりやすかったです。
プルデンシャル生命保険株式会社 村上茂幸 様

生命保険の出口戦略として、様々な保険種類、期間や各保険会社の商品を出して頂き、具体的にご説明頂き、とてもわかりやすかったです。今まで、「このような出口戦略がいいのでは・・・」と固定観念でイメージしていたものが取り払われ、その時の状況やお客様の考え、価値観等に合わせてしっかりと考えなければならないと痛感しました。

保険の出口戦略とは何かについて、改めて考えさせられる有意義なセミナーでした。
メットライフ生命保険株式会社 伊藤大介 様

保険の出口戦略とは何かについて、改めて考えさせられる有意義なセミナーでした。一社専属の為、乗合代理店の方と比べると案内できる事は限られますが、加入頂いたお客様に今以上に寄り沿ってサポートしなければいけないと強く思うきっかけになりました。セミナーの中では様々な視点から出口対策をフォーカスしており、松木先生から保険に加入したいと思わされる程です。

変換の活用例が過去のセミナーに比べ豊富で、提案の幅が広がりました。
プルデンシャル生命保険株式会社 牧野大志 様

出口戦略の活用法が学べたのが良かった。初めて松木さんのセミナーを受講させて頂きましたが、変換の活用例が過去のセミナーに比べ豊富で、提案の幅が広がりました。最後のレビューも有難かったです。

今回の出口戦略の具体的なスキームは大変勉強になりました。
株式会社ソニックジャパン 照沼幸雄 様

保険は出口が大事という認識は強く持っておりましたが、今回の出口戦略の具体的なスキームは大変勉強になりました。また、主要保険会社の取扱規定の説明が一覧で比較されており、理解しやすく有難いです。保障の効果を高める様々な保全対応は、具体的に比較すると何が良いのか知ることが出来ました。特に「期間短縮」という変更方法を知ることが出来て、大変勉強になりました。

目からウロコの内容が盛り沢山でした。
ジブラルタ生命保険株式会社 伊藤澄百子 様

お客様が本当に困った時に確実に保険金を受け取っていただく為の様々な方法、期間短縮や、変換の方法など、ケースbyケースでわかりやすく解説していただきました。お客様の状況に応じて、保険の使い方、課税の種類で、二重課税を回避する方法など、目からウロコの内容が盛り沢山でした。自社の商品について、会社が教えてくれない部分が多くあり、勉強になりました。松木先生有難うございました。

3年満期の全員加入の養老保険の活用方法は面白いと思いました。
東京海上日動火災保険株式会社 須賀貴政 様

長期平準定期保険を●●●●●●して、●●●●保険に変換するやり方があるのは、面白いと思いました。歳満了の定期保険で、60歳超でも、更新や期間延長できる保険会社はほとんどないので、年満了の契約をすすめた方がよさそうに思いました。3年満期の全員加入の養老保険の活用方法は面白いと思いました。

生命保険の入口の話が多い中、出口戦略を語れれば、差別化になる。
ビッグベル 谷川昭二 様

一般的には、生命保険の入口の話が多い中、出口戦略を語れれば、差別化になると思います。単に解約するだけでは、解約返戻金しか受け取れないが、●●●●することで、●●●●●●●の方が多額になるというのはサプライズだ。また、変換権の話はそれだけでサプライズだが、必ずしも得になるケースばかりではないのも要注意だと思う。ハンドリングでお客様の利益が大きく変わってくる。

出口戦略の考え方が大変参考になりました。
ライフマイスター株式会社 小林雅人 様

出口戦略の考え方が大変参考になりました。ありがとうございました。フローリッチの経営者が病気で状況が大きく変わった時のシミュレーションが分りやすかった。保全をする方法論は知っていたつもりであったが、各社の特徴を一覧にしていなかったので、ありがたかった。また、過大な退職金に対しても、「その時の状況で税金の種類を選ぶ」という事も活用できる。特に参考になったのは、3年満期の養老を●●●●●●する方法で、利益と現金のダムをつくるスキームだった。今後、良く研究して実践してみたい。

松木さんの話は奥が深くマニアックだなあと思いますが、改めてすごいと思いました。
ソニー生命保険株式会社 嶋田憲三 様

「お客様を護る」ためには、自社・他社の保険商品の中身内容、変換や延長等々の制度について幅広く理解していかなくてはいけないと、改めて思いました。更に、保険商品だけでなく、傷病手当等の社会保険に関わることや税務のことについても理解して、お客様に分かりやすく伝えていかなくてはと思いました。何度聞いても、松木さんの話は奥が深くマニアックだなあと思いますが、改めてすごいと思いました。

保全機能を具体的な数値にすると、思っていた以上の効果があることが分かりました。
みどり財産コンサルタンツ株式会社 矢野利明 様

保全機能は知識としては理解していましたが、具体的な数値にすると、思っていた以上の効果があることが分かりました。また、保険会社により、これだけ取扱条件が異なるとは、全く知りませんでした。制度、仕組みとして理解していることと、保険会社の実務上のルールの相違をお客様の状況に合わせ、調べつくし、より有利なアドバイスをすることが募集人の使命と実感しました。受取時の税金の種類を選ぶ、という考え方も、あらためて認識できました。

出口戦略が大変勉強になった。
プルデンシャル生命保険株式会社 中山雅博 様

生命保険の出口戦略、大変勉強になりました。将来のお客様の状況の変化に、どれだけ柔軟に対応できる保険なのか、再確認したいと思いました。長期定期保険の●●・●●、●●保険の●●●●保険などを、大変詳細に解説頂き、今後の活動にいかしていきたいと思います。本当に有難うございました。

改めて、終身保険の大切さがわかりました。
アクサ生命保険株式会社 齊藤有香 様

改めて、終身保険の大切さがわかりました。出口の保障効果を高めるのも私達の仕事の1つで使命だなとも感じました。解約しても戻せる可能性がある事も確認でき、よりお客様を守れるのかなと思いました。そして再確認をお客様としたかったのが、●●●●●●でした。せっかく入って頂けた保険金を相続税で払ってしまったら、残された遺族も守れないかもしれないので、ここもポイントにお伝えしていきたいと思います。ありがとうございました。

保全も含めたトータルのバランスが大切だということを、改めて認識することができました。
プルデンシャル生命保険株式会社 逢坂幸司 様

以前のセミナーで教えて頂いた保険の活用方法(他社)をお客様へご紹介したところ、大変喜んで頂き、新しい仕事に繋がりました。今回も、今までの内容も含んだ保全の大切さを講義いただき、ありがとうございました。時として、新契約の研究にかたよりがちですが、保全も含めたトータルのバランスが大切だということを、改めて認識することができました。

全損保険がなくなり、法人に対して何も売れないと思っていたが、色々な対策がお客様にできる事が分かった。
ジブラルタ生命保険株式会社 北川智香子 様

全損保険がなくなって、何も売れないと法人に対して思っていた所に、いろんな対策がまだまだお客様に対してできる事が分かり、とても勉強になりました。やはり出口戦略で、保険の内容によってはいろんな受け取り方や対策が、その会社や家族によって考えて対応できることを知り、自社商品を再度勉強し直そうと思わせて頂きました。

テクニカルな知識の圧倒量に驚きました。
プルデンシャル生命保険株式会社 日野悟 様

テクニカルな知識の圧倒量に驚きました。しかも複数の保険会社ごとに理解されている・・・。1社専属の自分でさえ自社商品をここまで掘り下げて研究していない事にとても恥ずかしい気持ちになりました。しかしその原点は、加入したお客様を徹底的に守るという仕事に対する姿勢、信念から生まれているという事を、自分ももっと持つべきだと思いました。保障を売る事の責任について考えさせられました。

乗合代理店所属の私にとっては、全てが活かせる中身でした。
株式会社ビルド・バリュー 鈴木由紀子 様

前回の受講内容の復習にもなっていて、とても良かったです。高額所得者ほど、傷病手当金の世話になるとキツイ事が良く判りました。所得補償になる物をきちんと手当てしてあげないと危険な事も改めて気付かされました。乗合代理店所属の私にとっては、全てが活かせる中身でした。ありがとうございました。改めて取扱規程を読み直そうと思いました。いつも新たな気付きを得られます。余命を考えて変換を考える事も大事だと判りました。

代理店関係者だけでなく、一社専属のプランナーの方にも、とても参考になると思います。
東京FP相談 瓜生昇 様

これまでの総まとめプラス、細心の商品情報満載で、非常に有益な内容でした。転換・交換や、全損商品の出口戦略、繰り延べ効果の数値表、また退職金戦略は、個人的に非常に為になる内容でした。その他、医師の保障を可処分所得から見るなど、どれも具体的数値と商品名を挙げて説明されているので、代理店関係者だけでなく、一社専属のプランナーの方にも、とても参考になると思います。一見の価値がある内容の濃いセミナーでした!

商品の詳細

「月刊 生保営業支援塾」vol.56

価格:33,000円(税込)、会員価格:22,000円(税込)

商品はご注文を頂いてから、弊社3営業日以内の発送を原則と致しますが、受注生産のため、在庫が無い場合はご注文日を除いて、弊社5営業日以内に発送致します。

Copyright 2020. Japan Central Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.