「月刊 生保営業支援塾」vol.36(2018年5月号)「2分の1損金の生命保険を活用した金庫株の取得方法」

金庫株でしか解決できない問題は、2分の1損金の保険で対応する

まずはダイジェスト動画をご覧ください(画面をクリックすると再生します)。

具体的なセミナーの内容

  • 利益が出ているのに、会社にお金が貯まらない大きな原因とは
  • 2分の1損金保険を売った時に、会社にお金が貯まる理由
  • 金庫株は相続税の納税資金の準備だけではなく、相続人間の争いも防ぐ
  • 強制的に金庫株として買い取る具体的な手続きとその落とし穴
  • 買取る株式の評価から、事前に貯めておくべき保険積立金を逆算する

講師プロフィール

青木寿幸

青木 寿幸 (あおき としゆき) 公認会計士

日本中央研修会 代表取締役
日本中央税理士法人 代表社員

上智大学在学中に公認会計士二次試験に合格し、卒業後、アーサーアンダーセン会計事務所にて、大手上場企業への監査及び管理会計の導入による業務改善を行う。その後、モルガン・スタンレー証券会社を経て、株式会社タクトコンサルティングにて、相続税及び贈与税の申告、不動産コンサルティング、企業再生支援、M&Aの助言などのコンサルティング業務を中心に行う。 2002年、株式会社日本中央会計事務所と日本中央税理士法人を設立して、代表となる。

会計天国 1時間でわかる 図解 相続税改正早わかり 知れば得する!医院経営のカラクリが全部わかる本 投資組合の基本と仕組みがよ~くわかる本 会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます!

お金を集める技術 ありふれたビジネスで儲ける かわいい決算書 猿の部長 戦略課長

アンケート結果

当日、セミナーにご参加頂いた方のアンケート(5段階評価)の集計結果です。

セミナーの評価

お客様の声

金庫株の制度を勉強する上でとても役立つセミナーでした。
メットライフ生命保険株式会社 伊藤大介 様

金庫株の制度の存在については知っていましたが、実際にコンサルティングする上での流れを勉強する上でとても役立つセミナーでした。経営権の集中の為に自社株の買取をする必要のある法人は少なくないので、営業と直接的につなげていけると思いました。

自社株の買い取り資金について良く理解できた。
メットライフ生命保険株式会社 山田雅彦 様

自社株の買い取り資金を、退職金よりも金庫株を利用した方が何故良いのか、また、金庫株を取得するために全損の保険より、何故2分の1損金の保険の方が適しているか、良く理解できました。少数株主から株を買い取る方法として、金庫株を活用することがどれだけ良い方法か、強制力を持つことができるか、理解出来ました。

もやもやしていた金庫株の部分がかなりクリアになった。
プルデンシャル生命保険株式会社 高坂和朗 様

もやもやしていた金庫株の部分がかなりクリアになりました。少数株主からの買いとりにはかなり使えそうで、その時に長期平準定期が役立つロジックも良く理解できました。また、買いとり価格についても、ある程度理解できました。ありがとうございました。

「この金庫株がどういう株でどう使か?」まで分かりやすく伝えてもらえた。
有限会社FSG 栗田和彦 様

金庫株と言うコトバは知っていたが、内容は全く知りませんでした。「この金庫株がどういう株でどう使か?」まで分かりやすく伝えていただいた。この金庫株を使うには、利益剰余金を積立てていかなければならず、その方法を保険を使っていかに効率的に貯めることが出きるのか良く分かった。

1/2損金の必要性が理解出来た。
株式会社ライフプラザパートナーズ 佐藤利之 様

金庫株の買取資金を作るために、全損商品より全額資産計上の保険商品の方が有利だというロジックを理解できたのは大きかった。退職金の準備と金庫株の準備という意味で1/2損金の必要性は理解出来た。退職金の準備と金庫株の準備と株価対策の時系列での対策が理解出来た。

大変有益な内容だった。
プルデンシャル生命保険株式会社 逢坂幸司 様

金庫株買取制度を活用した方がよい場合が分かりやすく説明され、又、全損、半損、全資産計上の保険をどの様に提案すればよいか理解することができ、大変有益な内容だったと思います。

今回のセミナーの切り口での提案は新鮮で正攻法である。
プルデンシャル生命保険株式会社 日野悟 様

法人保険提案の定番である1/2損金商品について、金庫株買取りを目的として提案する根拠が理解出来た。節税に主眼を置く提案が、今後あまり効果を生まない時代に入る中、この切り口での提案は新鮮で正攻法であろう。さらに家系を把握できる為、個人の相続案件にもつながると思う。

金庫株を買い取る方法がよく分かりました。
有限会社アイシー 和田芳明 様

金庫株の取得方法として終身保険を活用する方法、損金が出ないという場合には1/2損金の生命保険を活用して金庫株の取得にあてる方法がよく分かりました。前半の貸借対照表の見方も良く分かる形で説明していただき、よかったと思います。後、金庫株を買い取る方法に関してもよく分かりました。

2分の1損金、全損の生命保険と金庫株の関わりが大変勉強になった。
プルデンシャル生命保険株式会社 中山雅博 様

2分の1損金、全損の生命保険と金庫株の関わりが大変勉強になりました。金庫株を買い取る2つの理由、また全部取得条項付種類株式、取得条項付種類株式等、今まで理解不足だった点も、大変わかりやすく、理解できました。ありがとうございました。

金庫株を買い取らなければならい必要性を経営者に伝えて、仕損金の保険を提案したい。
東京海上日動火災保険株式会社 須賀貴政 様

耐用年数が長いまたは減価償却しない固定資産を購入する場合、法人税を支払って借入を返済するので、利益剰余金が増えるのに預金は貯まらないという事は、覚えておきたいと思いました。全損の生保に加入する金額を増やし過ぎると、借入の返済金額が経費にならず、現預金が減ってしまうが、純資産の部が増えて、結果的に相続税は下がってしまう事は、目からうろこでした。金庫株を買い取らなければならない必要性を経営者に伝えて、支損金の保険を提案したいと思いました。

金庫株を買い取る理由を知る事が出来、とても有意義なセミナーだった。
ほけん設計株式会社 角田茂樹 様

「2分の1損金の生命保険を活用した金庫株の取得方法」と言う事でしたが、先ずは、金庫株を買い取る理由を知る事が出来たので、とても有意義なセミナーだったと思います。又、その買取る資金を、生命保険を活用する時に「全資産の保険」「全額損金の保険」、そして「2分の1損金の保険」等、各々の生命保険の種類によってどの様に変わってくるのかを知る事が出来たので、良かったです。

全損・1/2損金・全額資産の保険の貸借対照表におよぼす影響がとても分かりやすかった。
株式会社アセット・イノベーション 清原稔之 様

新しい事業承継の特例が出て、課題がそちらに集中していますが、当然この納税猶予制度に使えない会社がある訳で、その場合の対策として、「金庫株」は非常に良いと感じました。全損・1/2損金・全額資産の保険の貸借対照表におよぼす影響がとても分かり易かったです。

金庫株の使い方がよく理解できました。
ソニー生命保険株式会社 内藤一朗 様

金庫株の使い方がよく先ずはよく理解できました。自己株式がBSへ与える影響と現預金の減少につながることもよく理解できました。買取り資金の確保のために、全損・半損・終身と各々の特徴を今後、経営者の前で自信をもって説明できると思います。特別支配特例の件、よく理解できました。

非常に盛り沢山の内容で良かった。
匿名希望 様

金庫株の買い取り手続き、手法等、とても勉強になりました。自分が理解しておかなくてはならない部分(全損、1/2損、全資産の保険の扱い)もさらに理解が深まりました。非常に盛り沢山の内容で良かったです。有難うございました。

金庫株を買い取る理由を2つのパターンに分けて考えるという話が参考になった。
匿名希望 様

金庫株を買い取る理由を2つのパターンに分けて考えるというお話は参考になりました。また、保険種類ごとに貸借対照表がどのように変化するのかという点を考慮して説明する流れを活用したいと思いました。

1/2損金商品を積極的に提案して行きたいと思う。
匿名希望 様

ニード喚起から、提案までの話法、適切な保険料の設定額まで、実際の商談をイメージしやすい内容で、非常に良かった。前回の見田村先生の講義内容との関連もあり、今後の税務上の取扱いの不要のある全損商品でなく1/2損金商品をきちんと提案し、法人のお客様の役に立てる事は非常に良い事なので、積極的に提案して行きたいと思った。

なぜ金庫株を買い取る必要があるのかを伝えるポイントが良く分かった。
株式会社BPI 増田英世 様

なぜ金庫株を買い取る必要があるのかを経営者や後継者それぞれの立場から考えた時に対策方法の違いや事前にどのような事をしたらよいかを伝えるポイントが良くわかりました。利益剰余金を払い出すチャンスとして退職金をいっぱい払う税率と金庫株を買い取る際の措置法を使った税率を比べると、金庫株の方が有利な点が多いと思いました。もっと勉強いたします。ありがとうございました。

市販の参考本で触れられない金庫株の買取スキームの解説で、とても参考になった。
東京FP相談 瓜生昇 様

市販の参考本で触れられない金庫株の買取スキームの解説で、とても参考になりました。特に全額損金保険と1/2損金保険、終身保険を使った場合、B/S、P/Lでの違いと、1/2損金保険の活用メリットを知って、正直驚きました。今後、相続案件が増えると思うので、積極的にこのスキームを取り上げてみたいと思います!全損保険一辺倒ではない、新しい提案が出来そうですね!

金庫株を活用する意味に2種類あるとは知らなかった。
有限会社ライフ・ステージ静岡 中村友宏 様

金庫株を活用する意味に2種類あるとは知りませんでした。制度として、金庫株スキームを提案する方法でさっそくアプローチしてみようと思いました。全損の保険商品が売れているようですが、この金庫株のスキームを使い変額やドル建ての長期定期の提案を更にしていきたいと思いました。

金庫株についての理解が深まりました。
ソニー生命保険株式会社 嶋田憲三 様

金庫株についての理解が深まりました。そこの会社の問題解決の手段として「金庫株」を使わなくてはならないという問題提起をまずしなくてはいけないということが理解できました。多額の相続税がかからない場合でも、相続人同士でもめないためには、「金庫株」は有効的だとわかりました。また、被相続人(社長)の財産について、「現金」が多いよりも株式の評価が高い方が他の相続人との遺産分割でもめにくいというのは意外でした。とても勉強になりました。

具体的な事例での説明だったので、非常にイメージしやすく理解できた。
株式会社ナショナル・コンサルティングサービス 佐薙慶亮 様

今回の「2分の1損金の生命保険を活用した金庫株の取得方法」について、具体的な事例をまじえてご説明いただいたので、非常にイメージしやすく理解できました。実際にこの手法を作ってお客様へご提案できるように関連した書籍などを読んで更なる理解に努めたいと思います。そのキッカケを作っていただきありがとうございます。

決算書の基本的なことや、どの部分を見て提案につなげていけるのかが分かりやすかった。
プルデンシャル生命保険株式会社 金井正行 様

決算書の基本的なことから良く分かり、また、どの部分を見て提案につなげていけるのかが分かりやすく、とても良かったと思います。また保険種類ごとに提案した場合の決算書に与える影響なども、より理解が深まりました。会社法などの規定をポイントポイントで教えていただけたので、再度自分で勉強する必要がありますが、とても良いセミナーでした。ありがとうございました。

他社との差別化が出来るすばらしい内容だった。
株式会社アイズ保険サービス 加藤賢治 様

初めて聞いた内容で、大変参考になりました。大変難しい内容だと思われますが、ボリュームが丁度良く、話すペースも大変聞き易かったです。何度か青木先生の講演を聞いていますが、今回が一番解り易く、一番聞きとり易かったです。他社との差別化が出来るすばらしい内容でした。ありがとうございました。

商品の詳細

「月刊 生保営業支援塾」vol.36

価格:30,000円(税別)、会員価格:20,000円(税別)

商品はご注文を頂いてから、弊社3営業日以内の発送を原則と致しますが、受注生産のため、在庫が無い場合はご注文日を除いて、弊社5営業日以内に発送致します。

Copyright 2018-19. Japan Central Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.