「月刊 生保営業支援塾」vol.26(2017年7月号)役員退職給与の「誤解」と「真実」~創業者社長の話を中心として~

役員退職給与の税務上の論点を網羅的に整理します。

まずはダイジェスト動画をご覧ください(画面をクリックすると再生します)。

具体的なセミナーの内容

  • 役員退職給与の税務上の限度額はどう考えるのか?
  • 役員退職給与と功労金の関係
  • 創業者社長であることが肯定的に判断された事例
  • 創業者社長であることが評価されなかった事例
  • 「役員退職金<弔慰金」となった裁判事例

講師プロフィール

見田村元宣

見田村 元宣 (みたむら もとのぶ) 税理士

日本中央研修会 代表取締役
日本中央税理士法人 代表社員

早稲田大学卒業後、株式会社タクトコンサルティングなどを経て、平成14年1月から現職。現在は通常の顧問業務の他、相続、事業承継、不動産譲渡などのコンサルティング及びセミナーを主な業務の中心として活動。また、過去の主なセミナーに、京都商工会議所:「資産承継と事業承継の違いと進め方」 武田薬品工業株式会社:「個人開業医・医療法人の事業承継対策」、三井住友海上きらめき生命保険株式会社:「生命保険を使った事業承継対策」などがある。

なお、著書、共著書には下記のものがある。

見込客との信頼関係を構築するための税務知識Q&A 信頼を勝ち取るワンランク上の情報提供 社長の信頼を得るための『切り口となる』税務の話 役員退職給与の『誤解』と『真実』

金持ちファミリーの「相続税」対策 ここを見逃すな! 中小企業における株式管理の実務 ちょっと待った!!社長!御社の税務調査ココが狙われます!! これだけ!B/SとP/L 相続税増税、あなたの家は大丈夫? フリーランスの教科書

「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法 あの社長の羽振りがいいのにはワケがある 「儲かる!会社」に一瞬で変わる 朝9時までの「超」仕事術 かわいい決算書 守りから攻めへの譲渡資産税実務

アンケート結果

当日、セミナーにご参加頂いた方のアンケート(5段階評価)の集計結果です。

セミナーの評価

お客様の声

具体的な事例、判例をもとにお話いただき、とてもわかりやすかったです。
ソニー生命保険株式会社 嶋田憲三 様

具体的な事例、判例をもとにお話いただき、とてもわかりやすかったです。たしか当社の法人向けパンフレットにも功労加算金の記述がありましたが、鵜呑みにしてはいけないと思いました。あわせて法人のお客様に対して役員退職金規程の文言等について確認していただくようご案内したいと思いました。

役員退職金の設定方法に関して、常識と思っていたことが、事実と違うということにビックリした。
メットライフ生命保険株式会社 山田雅彦 様

役員退職金(退職給与)の設定方法に関して、今まで常識と思っていたことが、事実と違うということに直面し、本当にビックリしましたが、今日勉強できて良かったです。特に、あたり前だと思っていた「功労金加算」、功績倍率の考え方、端数月のとらえ方、創業社長だというだけで功労が金額に反映される訳ではない等、正に目からウロコの連続でした!あと、退職直前に役員報酬をドンと上げても否認されないケースがあるということを知れただけでも価値は絶大でした。過去の判例をたくさん学べたので、これからは役員退職給与に関して経営者に自信をもって話ができます。

在任年数の端数切上げの話は初めて聞いたので、参考になりました。
株式会社アセット・イノベーション 清原稔之 様

標準報酬月額の設定は非常に重要であり、これを引下げ、社保料削減プランはリスクが高いと理解しました。標準報酬月額は法人に対する功績を表したものであると、やたらに引下げるべきではないと思いました。功績加算は世の中に無いと思った方がイイとは、目からウロコでした。在任年数の端数切上げも初めて聞き、参考になりました。

役員退職金と功績倍率の関係、慰労金、功労金加算の是非が整理できてスッキリしました。
株式会社BPI 増田英世 様

役員退職金と功績倍率の関係、慰労金、功労金加算の是非が整理できてスッキリしました。弔慰金の取扱いも参考になりました。最終報酬月額増減が役員給与の適正額について裁判にて争われた事例もとても参考になりました。役員退職金規程に書かれている文言も注意して見ていきます。ありがとうございました。

功労金の加算について注意しないといけないというのは驚きました。
有限会社ライフ・ステージ静岡 中村友宏 様

功労金の加算について注意しないといけないというのは驚きました。法人へのアプローチで規程のコンサルとして使っていきたいと思います。

平均功績倍率法の知識を整理できました。
プルデンシャル生命保険株式会社 岩田奨 様

最終報酬月額(直前の増額)、年数(端数の切上げ)、功績倍率(平均と最高の採用の考え方、同業他社との業績のちがい)など、平均功績倍率法の知識を整理できました。また、死亡保険金をストレートに退職金としてキャッシャウトすると、多くの場合、過大退職金となり、国税の調査の端緒となりうることも、お客様によくよく伝えたいと思いました。ありがとうございました。

社長様に適正な退職金を支払える様にアドバイスしていきたい。
株式会社角田保険事務所 角田茂樹 様

「役員退職金」が課題と指摘されたケースについて、具体的事例を基に検証する事で、過大と指摘されやすい考え方や計算の仕方を理解する事ができました。自分自身もそうですが、退職金をたくさんもらいたい気持ちは、どの社長様も同じと思いますので、本日教えて頂いた事を念頭に、社長様の思いに十分寄り添いながら、適正な退職金を支払える様にアドバイスと準備をしていければと思います。

役員退職給与金額の過大評価の算定について平均的功績倍率を使うことが安全だと分かった。
有限会社アイシー 和田芳明 様

役員退職給与金額の過大評価の算定について平均的功績倍率を使うことが安全であることがよく分かりました。お客様に対してのアドバイスとして、功労金を合わせてお話しが出来ると考えます。又妥当な役員退職金という観点からも話が勧めやすいと思います。

「役員退職金」について、誤解して情報提供している内容があった事に驚いた。
プルデンシャル生命保険株式会社 逢坂幸司 様

保険提案の中で、最も身近なテーマである「役員退職金」について、誤解して情報提供している内容があった事に驚きました。やはり日頃から判例など適切な情報に触れる機会の大切さに気付きました。

役員退職金話法時の情報提供に自信が増しました。
アクサ生命保険株式会社 山崎晃 様

数多くの事例をとり挙げていただき、役員退職金話法時の情報提供に自信が増しました。

過去の事例から、どのような判断基準で役員退職金、慰労金規定を定めれば良いかが明確に理解できた。
Gift Your Life株式会社 外所晋 様

私の法人のお客様から先日、法人の退職金準備のための契約をお預かりしましたが、功績倍率をいくつに設定するかの部分で悩みましたが、本日のセミナーにおいて、過去の事例からどのような判断基準から役員退職金、慰労金規定を定めれば良いかが明確に理解できたため、早速今後の提案に活かしたいと思います。ありがとうございました。

創業者社長が困ることがないよう、しっかりとアウトプットをしていきたい。
三井住友海上あいおい生命保険株式会社 五十嵐圭輔 様

役員退職金において、当たり前に思っていたことが実は税務調査において否認されることを知り、大変勉強になりました。正しい役員退職金の考え方を理解できたため、特に創業者社長が困ることがないよう、しっかりとアウトプットをしていきたいと思います。有難うございました。

功労加算金の考え方がよく整理できました。
東京海上日動火災保険株式会社 須賀貴政 様

役員退職金の適正金額について、保険会社等で深く学んだことがなかったので、大変勉強になりました。功労加算金の考え方がよく整理できました。類似法人として抽出される法人の数が少ないのに驚きました。功労金加算30%は載せない方が良いとよく分かりました。死亡保険金が入ってきても払い出す税務上の金額のかい離が問題だということがよく分かりました。役員在職年数の1年未満切上げを覚えて、保険提案に活かしたいと思います。

過去の判例が詳しく解説されたことで、過大退職金否認に至る背景がよく分かった。
プルデンシャル生命保険株式会社 西治樹 様

過去の判例が詳しく解説されたことで、過大退職金否認に至る背景がよく分かった。単に功績倍率のウンヌンではなく、(創業)社長の経営努力や業績等々も考慮される⇒ある意味正しい経営指導、正しい保険(金)提案が企業の将来を真に助ける一助となり得る⇒必要保障額のみならず、否認されない退職金アドバイスも重要ですね。

実際の判例を基にして非常に具体的でわかり易かった。
プルデンシャル生命保険株式会社 増山眞一 様

実際の判例を基にして非常に具体的でわかり易かったと思います。特に創業社長は業績にかかわらずそれなりの退職金を欲しがると思うので、事前に慎重に考えていただく必要があると感じました。

色々なパターンを示していただき、大変参考になった。
東京海上日動あんしん生命保険株式会社 古長達之進 様

色々なパターンを示していただき、大変参考になると同時に、頭の中が整理できました。規程の作り方や金額設定など、我々が注意しなければならないことがたくさんありますね。この様なことを知っていること、そして、お客様にアドバイス出来ることが、本当の営業マンであることを再認識致しました。

商談や保全の場合でもすぐに使えるセミナーだった。
株式会社ライフサロン 岸浩二 様

判例が多く、とてもよく分かった。お客様が注意すべきポイントもよく絞れており、商談や保全の場合でもすぐに使えるセミナーだった。商品や、セールススキル以外にもマストで必要な内容だった。特に退職金の金額などは感覚ですすめやすい所なので、今後は丁寧にご案内していきたい。

商品の詳細

「月刊 生保営業支援塾」vol.26

価格:30,000円(税別)、会員価格:20,000円(税別)

商品はご注文を頂いてから、弊社3営業日以内の発送を原則と致しますが、受注生産のため、在庫が無い場合はご注文日を除いて、弊社5営業日以内に発送致します。

Copyright 2017-19. Japan Central Academy All Rights Reserved.