「月刊 生保営業支援塾」vol.8(2016年1月号)退職金のメリットを最大限に活かす出口戦略

退職金を最大にできる方法を知って、それを生命保険金で準備しておく。

まずはダイジェスト動画をご覧ください(画面をクリックすると再生します)。

具体的なセミナーの内容

  • 法人に対して生命保険の出口として、退職金を提案する理由とは
  • 特定役員に該当してしまうと、退職金の所得税が安くならない
  • 過去5年以内に他の会社から退職金をもらっていたら、要注意
  • 死亡退職金にかかる税金は、生前の退職金に比べて少なくなる
  • 退職金を分割払いしたり、追加で増額することは可能なのか
  • 会社を清算するときに過大な退職金を支払うと、個人が追徴される

講師プロフィール

青木寿幸

青木 寿幸 (あおき としゆき) 公認会計士

日本中央会計事務所 代表取締役
日本中央税理士法人 代表社員

上智大学在学中に公認会計士二次試験に合格し、卒業後、アーサーアンダーセン会計事務所にて、大手上場企業への監査及び管理会計の導入による業務改善を行う。その後、モルガン・スタンレー証券会社を経て、株式会社タクトコンサルティングにて、相続税及び贈与税の申告、不動産コンサルティング、企業再生支援、M&Aの助言などのコンサルティング業務を中心に行う。 2002年、株式会社日本中央会計事務所と日本中央税理士法人を設立して、代表となる。

会計天国 1時間でわかる 図解 相続税改正早わかり 知れば得する!医院経営のカラクリが全部わかる本 投資組合の基本と仕組みがよ~くわかる本 会社の売り方、買い方、上場の仕方、教えます!

お金を集める技術 ありふれたビジネスで儲ける かわいい決算書 猿の部長 戦略課長

アンケート結果

当日、セミナーにご参加頂いた方のアンケート(5段階評価)の集計結果です。

セミナーの評価

お客様の声

みなし役員の考え方が大変参考になった。
株式会社リスタ 箱田敬 様

複数の会社から退職金を受け取る場合や特定役員の取り扱い、みなし役員の考え方など、大変、参考になった。取締役の退職そのものが否認された際のリスクがいかに高いか、よく理解できた。形式基準のみでなく、実質基準がいかに重要か再認識した。退職金の分割払のとらえ方が興味深かった。

分掌変更における注意事項が参考になった。
プルデンシャル生命保険株式会社 菅野貴士 様

分掌変更における注意事項は、かなり参考になった。分割支給の話は、はじめて聞いた。最後のスキーム2点は良い。

退職金を2度受取る場合の細かい注意点が勉強になった。
メットライフ生命保険株式会社 山田雅彦 様

「退職金」の基礎から、否認されるケース、一般役員と特定役員の違い、退職金の分割払い、退職金を2度受取る場合の細かい注意点等とても勉強になりました。

具体的な判例をもとにした内容の濃いものでした。
株式会社アーネストプレイス 岸浩二 様

本日も具体的な判例をもとにした内容の濃いものでした。新規営業のツールとしてだけに使うのは大変にもったいない。本質を理解していくと、さまざまな業種のマーケティングにも有効な内容となっていました。

退職金の分割できる仕組みを理解できた。
有限会社ライフ・ステージ静岡 中村友宏 様

退職金の分割できる仕組みが理解できました。

複数法人の役員になってりう方への新たな対応が判った。
トラストエフシートレィディング有限会社 小磯幸記 様

複数法人の役員になっている方への新たな対応が判った。又、税務上「退職」と一口に言っても様々な法律から払う側、もらう側の事情が理解できた。

複数法人の役員になってりう方への新たな対応が判った。
ドリームサポート保険事務所 上田英樹 様

死亡退職金と死亡弔慰金の使い方とメリットが分かりやすかった。複数の会社で退職金をもらう場合の受け取るタイミングとそれによるデメリットとメリットがしっかり提案できるのが大事だと思った。

退職金支給には様々なリスクがあることが勉強になった。
Gift Your Life株式会社 西出滋 様

使用人の退職金が遡れることは知りませんでした。また、退職金支給には、損金算入否認リスクが様々あることが勉強になりました。

退職金に関しては理解しているつもりだったが、とても勉強になった。
プルデンシャル生命保険株式会社 中野洋通 様

退職金に関してはおおまかに理解しているつもりであったが、会社側で経費になる基準や分割払いの詳細はわからなかったのでとても勉強になりました。

取締役を退職するという意味の理解が深まった。
アクサ生命保険株式会社 山崎晃 様

取締役を退職するという意味の理解が深まった。従来は安易に考えていた部分であり、その恐さに気づきました。

分掌変更についての知識が深まりました。
株式会社リスクマネジメント・ラボラトリー 光林昭二 様

法人、個人それぞれ知らない事がずいぶんある事に気がつきました。わかっているつもりが、キケンですね。特に分掌変更について知識が深まりました。

役員退職金について整理できて良かった。
株式会社クオリティーアイ 楠本道子 様

役員退職金についてはとても関心があった事ですので整理ができて良かったです。

退職金の分割の支払についてが役に立った。
ファイナンシャルアライアンス株式会社 中山勝広 様

退職金というこれまでも幾度となく話題になっている考え方ですが、個人課税の強化の時代になって改めて注目する必要があると思った。あと、退職金の分割の支払については役に立ちました。

早速、経営者の方に伝えたいと思いました。
ソニー生命保険株式会社 嶋田憲三 様

親会社、子会社の退職時期が4年以内だと退職所得控除がそれぞれで使えないということ。貸付金を解消するスキームで保険を使うとメリットがあることがわかり、早速経営者の方に伝えたいと思いました。

2つの会社を期間をずらして退職する場合の注意点が分かった。
有限会社FSG 栗田和彦 様

社長を退職する場合、退職後に給与を50%未満にすればOKという事が、その要件だけではダメだという事が分かった。2つ以上の会社を期間をずらして退職する場合の注意点が分かった。

みなし役員等の定義について、講話を聞くことによって良く分かった。
アクサ生命保険株式会社 齋藤富男 様

“みなし役員”等の定義について、本を読むだけでは理解しづらい点も、講話を聞くことによって良く分かった。

退職金の分割払、追加支給は良く理解できた。
株式会社アセット・イノベーション 清原稔之 様

退職金の分割払、追加支給は良く理解できた。損金算入限度額を越えた場合、受取人が第二次納税義務者となる話は初めて聞きました。その場合は納税分をあらかじめ準備しなければなりませんね。

特定の場合の勤続年数について、大変参考になりました。
プルデンシャル生命保険株式会社 増山眞一 様

特定の場合の勤続年数については考えたことがなかったので大変参考になりました。

弔慰金と退職金について理解できた。
ソニー生命保険株式会社 齋藤誠 様

弔慰金について、退職金とはっきり区別しておく事や、退職金よりも額が多くても良いというのを押さえられた事。4年以内に複数の会社を退職し、退職金を受け取った場合、退職所得控除は通算して考える→5年程ブランクを作るのを押さえられた。

退職金に関わる税務について、あいまいだったところが整理できた。
匿名希望 様

退職金に関わる税務について、あいまいだったところ(同一年2か所支給、グループ会社支給、適正額の考え方、分割払のケース、みなし退職の●●事例等)が整理できた点。客先での提案、情報提供の引き出しを増やすことができました。ありがとうございました。

役員退職金の損金算入について、具体的なお話しを伺えた。
匿名希望 様

役員退職金の損金算入について、具体的なお話を伺えて良かったです。特に分掌変更の「経営上の重要な地位」が今まで曖昧でしたが、明確に分かりました。

商品の詳細

「月刊 生保営業支援塾」vol.8

価格:30,000円(税別)、会員価格:20,000円(税別)

商品はご注文を頂いてから、弊社3営業日以内の発送を原則と致しますが、受注生産のため、在庫が無い場合はご注文日を除いて、弊社5営業日以内に発送致します。

Copyright 2016-19. Japan Central Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.